フィンランドのイッタラグラスは、洗練されたデザインと高品質で有名です。実際に手にとってみると、ズッシリと手に馴染みます。
実は、日本に殆ど入って来ない物も多くあります。
各シリーズのおすすめ商品と金額は画像をクリック!


iittala イッタラグラス(フィンランド高級レイドフリークリスタル)

製品のすべてが、著名なインダストリアルデザイナーの手によってデザインされ、
世界中にみとめられ各地の美術館の永久保存品に選定されています。
デザインもさることながら、その製品は鉛を一切含まないレードフリーのクリスタル
で傷がつきにくく透明度が田非常に高いという特性を持っています。
そして鉛を含んでいないため、環境を破壊することがありません。

ここでは、代表的なデザインシリーズをご紹介します。


※イッタラグラスのお取り扱いは終了いたしました。 

このクラッシックなデザインにはコンテンポラリー・デザインが大胆に反映されています。ステラの柔らかで繊細なフォルムは、大変魅力的です。この輝かしいコレクションの美は、すっきりとカットされたラインで強調されています。ステラのデザイン言語は新しい独創的な方法で軽さと物質を結び付けました。ステラは手吹作品です。


アールトの花瓶は世界で最も有名な花瓶の一つであり、20世紀のシンボルとも言われています。60年前、この花瓶がデザインされた頃、その曲線のフォルムはただもう革命的としか言いようのないものでした。その形は現代でもモダンで、「クラッシック」と言われるものが全てそうであるように、時の流れに損なわれることがありません。アールトの花瓶は、優秀なデザインと多目的実用品が一体となった見事な一例と言えるでしょう。


カイ・フランクのデザインしたカルティオ・ガラスのシリーズは、毎日の生活の中で使われることを考えて作られました。デザインには曖昧さがなく、機能的できっちりしています。カルティオは目立たず、静かにその存在感を主張します。そして今では、その変わらない、無駄のない実用的な特徴は、私達皆にとって馴染み深い存在となっています。


マルック・サロの新しく魅力的なアーヴァ・コレクションは、貝殻のフォルムにヒントを得てデザインされました。彫刻のオブジェのような花瓶はそれだけでも印象的ですが、アーヴァの大胆なフォルムはフラワー・アレンジメントに新しいインスピレーションを与えます。透明、グレイ、オパール色のガラスは生けられた花の秀麗さに静かに寄り添うことでしょう。


タピオ・コレクションは今もってイッタラの最も有名なグラス・シリーズです。はるか昔、1954年のミラノ・トリエンナーレ展でグランプリを受賞しました。エレガントな曲線としっかりした台に中に吹き込まれたガラスの泡が、タピオ・コレクションを真にユニークな芸術作品にしたのです。


クルビはハリ・コスキネンの新しいコレクションで、バーにふさわしい率直な男らしさが特徴です。手の中でも、テーブルの上でも、どのグラスもずっしりと落ち着きます。サイズにも、無意味な謙虚さはありません。手吹作品ですが、便利に重ねられるクルビは、実用的な目的からいかにして美しいフォルムが生まれるかの好例と言えるでしょう


オーロラはヘイッキ・オルヴォラのデザインしたグラスのセットの中で、生産されてからの年月は最長を誇ります。羽根のような軽さのオーロラは1972年に最初の一個が作られました。このシリーズは、常に動作の一つ先を読むガラス工芸の大家が振り付けを行ったものと言えるでしょう。そうでなければ、オーロラのように、これほどにまで洗練され、完璧な仕上がりを生むことは出来なかったはずです。

次の商品